熊本市東区下江津・セイラタウン、みうら小児科クリニックのホームページです

鼻水、鼻づまりと抗ヒスタミン薬

日本では、鼻水・鼻づまり(鼻閉)の治療薬として抗ヒスタミン薬(ペリアクチン、ポララミンなど)がよく処方されています。

私も約10年前までよく処方していましたが、かえって子どもたちを苦しめているのではないかと考えるようになりました。

現在、当院では(以下の理由により)「鼻汁、鼻閉への抗ヒスタミン薬」処方をしておりません

感冒時の鼻汁、鼻閉に対する海外の臨床試験では、抗ヒスタミン薬の有用性は概ね否定されています。

・気道の杯細胞からの粘液分泌を抑制し、痰の排出を困難にさせる。痰の粘稠度を高める。(→気管支喘息発作時には使用すべきでない)

・抗ヒスタミン薬は急性中耳炎には有効でないため、投与すべきではない(小児急性中耳炎診療ガイドライン2018年版)

アトピー性皮膚炎のかゆみ止めとして抗ヒスタミン薬が使用されるが、ヒスタミン非依存性の経路で起こるかゆみがあるため、必ずしも抗ヒスタミン薬が有効ではない。

・インペアード・パフォーマンスを低下させる(集中力や判断力、作業能率を低下させる)

・痙攣閾値を低下させる。熱性けいれんが長引く可能性がある(熱性けいれん診療ガイドライン2015)

・抗コリン作用により口渇や排尿障害などをひき起こすことがある

・眠気、認知機能の低下をひき起こします。

 

<抗ヒスタミン薬の例>

ペリアクチン
テルギンG、クレ・ママレット、タベジール
マレイン酸クロルフェニラミン、アレルギン
ポララミン
ザジテン、ケトチフェン、スプデル
メキタジン、ゼスラン、ニポラジン
オキサトミド、オキサトーワ
レスタミン、ジフェンヒドラミン
セレスタミン、エンペラシン ※抗ヒスタミン薬とステロイド薬の合剤

但し、じんましんの治療薬として抗ヒスタミン剤は有用です。鼻閉、痰切れが悪くなるといった副作用がありますが、処方しています。

お電話でのお問合わせは TEL 096-379-0055 熊本市東区下江津7丁目7-20

PAGETOP
Copyright © みうら小児科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.